2017年6月9日金曜日

なぜ日本は自販機であふれているの?

 GIGAZINEに、100万回以上も再生されるほどの人気を集めているという、アメリカのニュースメディアであるVoxが公開した動画が紹介されています。(リンクはこちら
 なぜ日本にはこんなにも自動販売機が多いのか(Why Japan has so many vending machines.)とタイトルされたこの4分ほどの動画は、Voxのレポーターが日本滞在中に「自動販売機がどこにでもある」ことに気付き、その原因を考察したものです。


 その結果、彼がたどり着いた結論は、わしにとっても非常に示唆に富むものだったのでメモしておきます。


 詳しくはGIGAZINEを参照したいただきたいのですが、この種類の話が出ると、必ず「日本人は(鉄腕アトムが代表するように)ロボットや機械に対してアレルギーがなく、むしろアニミズムの影響でこれらをパートナーとして信頼する文化がある」という解説がなされます。
 日本人はそう聞いても、ふーん、そうなのか、と思う程度ですが、この動画によれば、「あらゆるシステムを自動化したい、という日本の文化的なトレンドを暗示している」ということになります。

 また、わしが意外に思ったのは、理由の一つに「日本社会の高齢化」が挙げられていることです。
 日本は高齢化が進み、全国民の年齢分布の中央値は45.9歳。世界平均はWHOの統計によると28.2歳であり、世界平均の2倍に当たるそうです。「このため労働人口も減少しており、代金を受け取って商品を渡すだけの(単純な)労働力を削減するため、自動販売機は大きな役目を果たす」というのがリポーター氏の考察です。

 わしは、全体としてこの動画は面白いと思いました。特に、労働力不足の条は目からウロコの思いでしたが、一方で、これほど自販機が普及しているのに、なぜ小売業に代表されるような日本のサービス産業は労働生産性が低いのかの説明にはなっていないような気もしました。皆さんはどうお考えでしょうか。

 ちなみに、自動販売機を日本で一番出荷(製造)している都道府県は三重県です。

■はんわしの評論家気取り 昼間の冷却用電力ゼロの自販機が!(2012年6月28日)

0 件のコメント: