2017年6月27日火曜日

伊勢おやきの新作商品を食べてみた

 このブログではたびたび 伊勢おやき を取り上げていますが、このあいだ、高速道路の御在所サービスエリアに寄ったら、屋外テントで伊勢おやきを売っていたのを見つけました。


 通常メニューのほかに、夏季限定だという「みそなす」と「新姫(にいひめ)レモン」という新メニューがあったので購入してみました。

 「おやき」というのは、小麦粉やソバ粉を練った皮(生地)で、野菜とかアンコなどの具を包み、焼いたものです。お菓子というよりも軽食、おやつのようなもので、信州の野沢菜漬なんかが入ったおやきは有名です。
 伊勢おやきは、製造元の伊勢おやき本舗によると、信州のそれとは一線を画した新商品であり、生地や具は三重県産の原材料を使い、独自の製法により冷めてもふんわりもっちりした食感が持続するそうです。

 で、買ったのがこれ。右から、新姫レモン、みそなす、忍者です。


 まず、「新姫レモン」を食べてみました。新姫とは三重県熊野市だけで栽培されている香酸かんきつで、さわやかな香りと、抗酸化作用があるといわれる果汁が特長です。このおやきは、新姫の果汁ゼリーがレモン風味の白あんで包まれたものだとのこと。


 食べてみると、これがウマい!
 甘酸っぱいあんは想像以上に酸味がきいていますが、この目の覚めるような酸っぱさが凄く新鮮です。これは非常に面白いおやきだと思います。

 次に真ん中の「みそなす」です。店員さんがこれだけはオーブンで軽く温めるとより美味しいですとの話だったので、電子レンジで20秒くらい温めて食べました。


 割ったら湯気が出たので写真がピンボケになりました。なすをみそ味で煮込んだか、炒めたかした具で、味はまあ想像通りというか、普通においしいです。もっとマボなすみたいにピリ辛なのかと思ったけど、たいへん食べやすかったです。
 ちなみに、おやきの皮というか生地の美味しさもよくわかる一品でした。

 最後は忍者味ですが、これがなぜこんなに真っ黒なのか、中の具は何なのかは、以前このブログに書きましたので、こちらでご覧ください。

 これらの伊勢おやき、直径は10センチくらいで見た目は小さな感じです。これで一個200円は高い気もしますが、食べるとけっこうお腹が膨れます。なので、これはこれで、味、量、値段のバランスはとれているように感じました。皆さまもぜひ。

■伊勢おやき本舗 フェイスブックページ  https://www.facebook.com/iseoyaki/

0 件のコメント: