2017年6月1日木曜日

尾鷲名物「ガスエビ」を知っているか?

 三重県尾鷲庁舎裏にあった昼食専門店「凛」が惜しくも先日閉店してしまいました。そこで昼メシに食べたいろいろな尾鷲の魚、イカ、タコ、エビ、貝、海草の豊富さと美味しさは、わしにとって新鮮な驚きでしたし、今となってはおそらくもう二度と食べられないものも多いだろうと思います。その代表的な一つが「ガスエビ」です。
 ガスエビは尾鷲ではかなりポピュラーな食材ですが、尾鷲以外の場所ではあまり見るこ
ガスエビ(尾鷲市役所HPより)
とができません。少なくとも、伊勢、鳥羽のスーパーなどで売られているのをわしは見たことが一度もありません。
 正式にはヒゲナガエビという体長10cmほどの深海に棲むエビで、尾鷲で沖合底曳網漁が行われる秋から春にかけての季節の味です。(北陸にも「ガスエビ」というエビがあるそうですが、これはトゲクロザコエビという尾鷲のガスエビとは別の種類らしいです。)
 なぜガスエビという名前なのか?ですが、「背わたを取るとき、ガスの臭いがプンとするのでガスエビと呼ぶのだろう。」ということだそうです。(一日一魚から引用。リンクはこちら。)


 甘味が強く、刺身や天ぷらなどが絶品だそうですが、この種の水産物の宿命というか、漁獲量が安定しておらず、しかも大変にアシが速く傷みやすいことから、ほとんど全量が地元で消費され、地域外に出荷されてこなかったということです。もし市外の人がどうしてもガスエビを食べたかったら、漁期に尾鷲の飲食店や民宿に来て味わうか、魚屋で買うしかなかったのです。

 ところが、そうした市外のファンに朗報。
 やや旧聞には属しますが、おわせお魚いちば おとと が「がすえび姿焼き」なるエビセンを販売したのです。


  製造はエビセンの本場、愛知県美浜町の業者に委託していますが、原材料は尾鷲産のヒゲナガエビ(ガスエビ)。 


 袋から出すと、かなり大きめのエビセンが現れます。
 しかし、おそらく熱した鉄板に挟み込んでプレスしながら焼き上げる製法のためでしょう、びっくりするくらいに薄くて、パリパリしています。
 食べてみると・・・
 まあ、美味しいのは間違いないですが、これがガスエビか他のエビか、味が判別できるのは相当に味覚に敏感な人だろうという気はします。
 素人にはやはり、ガスエビの魅力は刺身か、天ぷらのほうが伝わるみたいです。

 さはさりながら、この「がすえびの姿焼き」、尾鷲らしい一品なのは間違いないし、一枚320円と手ごろなので、お土産には良いのではないかと思います。

(余談)
 今回、この文章を書くのに「ガスエビ」を検索すると、尾鷲はほとんど出てこず、たいていは北陸のガスエビの情報です。もっとネットで発信しないと情報量で負けちゃいますねえ。瓦斯海老ってあえて漢字で書くとか。

0 件のコメント: