2017年5月24日水曜日

食べてみないとわからない

 たぶん今年の3月ごろ、道の駅 紀伊長島マンボウ(三重県紀北町)でこの、鰹のなめろう を購入しました。
 なめろうとは、鰹とかアジとかの旬の魚を包丁で細かくたたいて、みじん切りにしたネギやショウガなどの薬味、味噌や醤油などを混ぜてさらに叩き、ペースト状にした料理です。
 素朴ながら意外に手間がかかり、何より新鮮な魚でないと作れない一品です。全国各地の漁村でこの「なめろう」は郷土食として食べられてきており、紀北町でも、いわば「地元の人だけが食べてきた美味しいもの」的なご当地メニュー、おふくろの味ということができます。
 そんな「なめろう」がこの値段で買えるとしたら、しかも三重県産の鰹や野菜で作られたものだとしたら、これは非常にお買い得なものだと思います。
 問題はこの、まるで宇宙食のようなパッケージです。


 もしなめろうとか、紀伊長島が全国有数の漁港を抱える魚の町であることを知らない人だったら、買うのに勇気がいることでしょう。

 で、このギンギラ銀のアルミパックの外装を開くと、中身はこんな感じ。


 要は鰹のミンチなので、そもそも見た目はあまりきれいな料理ではありません。

 これを炊きたてのご飯に乗せるとこんな感じ。
 きざみのりは、たまたま冷蔵庫の片隅に使い残しがあったのでかけてみたのですが何だか本格的になります。


 食べてみると・・・
 これがウマい!
 食感が残った鰹に、甘辛のしょうゆ味とゴマの風味がマッチし、これはけっこうイケます。絶対おすすめです。
 ラベルによると、基本的な食べ方はわしのように温かいご飯にのせるというものですが、
・マヨネーズ+ワサビでさらに美味しくなります。
・卵かけごはんに混ぜても美味しいです。
 とあって、この次は絶対に試してみようと思いました。

 真面目な話、製造者の株式会社紀伊長島には、このパッケージだけはぜひもうちょっと垢抜けたデザインに改良していただき、この商品の美味さがお客に見た目で伝わるようにしてほしいと思います。

■キホクニヤ インターネット販売店
 

0 件のコメント: