2017年5月22日月曜日

官僚は何をしなければいけないか

不安な個人、立ちすくむ国家 より
 経済産業省の次官・若手プロジェクトなる勉強会が先日公表した「不安な個人、立ちす くむ国家 ~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」という資料がネット上で話題を集めているそうです。
 わしの知り合いの何人かもSNSで取り上げていたのでこのサマリーを読んでみたのですが、正直なところ、普通の行政機関なら、あるいは一定規模の企業とかNPOなら、すでに数年前から議論の段階はとうに済んでいる論点であり、わしにとってあまり目新しい気付きはありませんでした。
 これはかなりの人がそう感じたらしく、ライブドアニュースの記事でも、この資料に対しては賛否両論があるみたいなまとめがされています。
 要はこれからの日本では少子高齢化が進み、国の財政支出は年金や医療費などの社会保障費が多くを占め、ますます硬直化する。なので発想を逆転し、老人福祉は削減して若年者向けに教育費の支援などに政策を移行して、意欲と能力のある個人(若者)が能力を存分に発揮できるような社会のあり方にしなくてはいけない、というものです。

2017年5月20日土曜日

仏都・伊勢を往く(蓮台寺編)

 平安時代中期、世界が終末に向かうという、いわゆる「末法思想」が貴賤を問わず人々に広く信じられていたころ、伊勢神宮でも神仏習合が進ん多くの寺院が建立されて、読経や祈祷などの仏事(法楽)が盛んに行われるようになりました。
 伊勢神宮の神官が仏教に帰依することも珍しくなく、先月書いた 仏都・伊勢を往く(金剛証寺編) で取り上げたように、伊勢志摩の最高峰である朝熊岳の山頂には平安時代に神官が願主となってお経を奉納した経塚が今も残り、国宝に指定されています。
 伊勢神宮の高級神官(祭主、禰宜)の一族がお寺を建立した例も多く、今日取り上げる蓮台寺(れんだいじ)もその一つです。
 蓮台寺というと、多くの方は柿を思い出すことでしょう。伊勢市内で盛んに栽培されている特産の柿で、実際に「蓮台寺」と検索すると、ヒットするほとんどは「蓮台寺柿」に関することです。
 この柿ももともとは蓮台寺の僧が伝えたものだそうですが、肝心のお寺のほうは明治初年に伊勢(宇治山田)で吹き荒れた廃仏毀釈によって、明治2年に廃寺となってしまいました。

2017年5月19日金曜日

津松菱の三重物産展に行ってみた

 津松菱で5月22日(月)まで開催されている、ふるさと三重物産展に行ってみました。
 ほぼヤバくなっている津市中心市街地の丸之内商店街で、一人気を吐いているのが津市で唯一の、そして津以南の三重県でも唯一となるデパート(百貨店)の津松菱です。
 昨日書いたイオンが究極のデフレ消費型ビジネスモデルだとすると、わしにとっては少々不思議な気もするのですが、反対に、デパートで買い物をするような ~セレブなのかプチ贅沢なのかはともかく~ 消費者層も地方都市には確かに存在していて、地味で小規模とはいえデパートがビジネスとして成り立っているのは、津市の懐の深さというか消費者層の厚さというか、何だみんな意外にお金持ってるやんか、的な感慨を新たにするわけですが、それはともかく。
 第15回目になるという三重物産展には、北は川越町、四日市市から、南は熊野市、御浜町まで、34店が出店。さらに復興支援として東北と熊本からも8店が出ており、合計42店のブースが会場にひしめき合っていました。

2017年5月18日木曜日

イオンモール津みなみ、来年11月開業へ

 昨年2月に閉店し現在は更地になっている、津市高茶屋小森町の旧サンバレー跡地に建設されるのが、仮称「イオンモール津みなみ」という複合商業施設であることが明らかとなりました。(中日新聞朝刊 5月18日付け)


 サンバレーの後継施設がイオンモールであることはすでに昨年秋に公表されていましたが、今回明らかとなった施設概要では、敷地面積約6.8ヘクタール。店舗は4階建てで、総合スーパーのほか専門店街と映画館が併設されるとのことです。

2017年5月16日火曜日

鉱山資料館の来場者が倍増

紀和鉱山資料館HPより
 今日の朝日新聞朝刊に、熊野市紀和町にある熊野市紀和鉱山資料館のニュースが載っていました。(5月16日付け 紀和鉱山資料館リニューアル 10年で来場者倍増)
 紀和町は熊野市の南西端、すなわち三重県の最南西に位置し、北山川を挟んだ対岸は和歌山県です。奈良時代から銅が採取されていた歴史を有し、昭和に入ると近代的な設備を備えた紀州鉱山として繁栄し、昭和53年に閉山しました。
 ここ紀和鉱山資料館は古代から採掘場で栄えた紀和町の歴史や、近代鉱山時代の掘削機器などの資料、各種の鉱物標本などが展示されている県下で唯一の専門博物館です。
 ただ、マニアックな内容で、かつ、熊野市街地からクルマで30分近くかかることもあり、一時期は年間2千人弱の入場者でしたが、平成27年には4千人を超え、倍増!
 熊野市も今春、約855万円を投じて外観をリニューアルし、一層の入場者増に向けた追い風と期待されています。

2017年5月15日月曜日

(不定期連載)東紀州の産品レビュー

 この「はんわしの評論家気取り」には特別なテーマはなく、わしの関心があること、とくに三重県南部の地域経済活性化とか、それにつながる「イノベーション」、「地方自治」などをつらつら書き連ねているものです。
 しかし、もともとはわしが東紀州(三重県南部の尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町及び紀宝町の2市3町からなる地域)で見たり食べたり、買ったりした産品を紹介するブログから始まったものなので、今日は初心に帰って、最近東紀州で購入した 
・有限会社モリタ(紀北町)の「種まき権兵衛うどん」と、
・めでたい屋(三和水産株式会社)(尾鷲市)の「ゆず香る 真鯛の味噌茶漬け」
 をレビューしてみます。
 まず権兵衛うどんのほうから。モリタは古くから紀北町で製麺業を営んでおられ、主に地元スーパー向けの袋入りの「うどん」「焼きそば」など製造してきました。10年ほど前から、尾鷲湾で取水が始まった海洋深層水を使って新商品開発に取り組み、権兵衛ラーメンのしょうゆ、みそ、しお、冷やしラーメンをシリーズでリリースしています。

2017年5月14日日曜日

市町村はカネ余り?(マニアック)

経済財政諮問会議資料 より
 政府の経済財政諮問会議が5月11日に開催され、その席上、伊藤元重学習院大教授など民間委員4名が、市町村が積み立てている財政調整基金などの基金残高は21兆円もの巨額にのぼっており、残高の大きい市町村についてはその要因を国(総務省)が把握するとともに、地方財政計画の改善によって財政資金配分を見直すよう提案したことが各紙に報じられていました。
 わしは何となく ~三重県を筆頭にして~ 程度の差はあれ道府県や市町村など地方自治体はどこも財政難で金策に窮していると思っていたので、このニュースを意外な気持ちで読んだのでした。
 内閣府のホームページに、その民間委員が提出した資料が掲載されていて、なかなか面白かったのでメモしておきます。